単身赴任のための住居選びの選択肢はこれだ

短期から中期の単身赴任なら家具付き賃貸がおすすめ

単身赴任が、1ヶ月から半年という短期から中期に渡るのであれば、断然家具付きのマンスリーマンションがおすすめです。通常、単身赴任にかかる経費は会社が負担してくれますが、マンスリーマンションであれば、家具やキッチン用品などを揃えるための余分な費用を抑えることができます。会社側としても経費の節減につながるため、短期から中期の単身赴任であれば、マンスリーマンションの利用をすすめる所も多いのです。そして、マンスリーマンションのメリットは、コストの削減につながるのみならず、立地条件がとても良いという点にあります。都市部では特に需要が高いということもあり、最寄り駅からすぐのところにマンスリーマンションがあります。そのため、新しい土地でも通勤に不便さを感じることが殆ど無く、快適に生活を送る事ができるのです。

長期の単身赴任は賃貸マンション

他方で、単身赴任が1年以上になる予定であれば、賃貸マンションが適当です。賃貸マンションの場合、契約期間が1年以上のところが多く、同じところに1年以上暮らすのであれば長く契約することができる賃貸物件が、やはり安心して生活する事ができます。賃貸マンションであればセキュリティーや設備もしっかりとしているため、快適な暮らしを約束してくれるのです。たしかに、マンスリーマンションは便利ではあるものの、利用期間が長期になると割高感が否めません。マンスリーマンションは手続きが簡略化できるので、短期でサッと借りて退去する分には向いていますが、長期利用には向いていないのです。日本の賃貸マンションの場合、家具は付いていないところが多いですが、会社から補助が出るので必要なものを買い揃えられます。

食堂付きの社員寮完備の会社もある

例外として、大手企業に限定されてしまうものの、全国各地に自社の社員寮を完備している企業もあります。そうした場合、個別に賃貸物件を契約する必要がなく、自社の社員寮に入居する手続きを取れば良いので、スムーズに単身赴任の生活をスタートすることができます。また、社員寮には家具付きはもちろんのこと、社員食堂も完備しているところも少なくないといいます。単身赴任になると食生活に不安を感じる方も多いことから、社員の健康管理の一環として社員寮の中に社員食堂を設置している良心的な会社もあります。また、自社の社員寮ということもあり、入居契約も1ヶ月から柔軟に対応してもらうことができるので、社員寮がある場合には活用しない手はないでしょう。

単身赴任の家具をレンタルで利用する事ができます。レンタルサービスに加えて様々なサポートが付いている場合もあります。