これだけは持っておきたい!一人暮らしを始める時に最低限必要な家具家電

一人暮らしを始める際は最低限の家具だけ

一人暮らしを始める際に気になるのは、引っ越し先に持って行く家具の種類です。初めての一人暮らしは不安でついつい多めに準備をしてしまったり、本来は不要なものまで荷物に加えてしまいがちです。物が増えれば引っ越し費用も高くついてしまうので、引っ越し時期には最低限のものだけを送って、生活を始めた所でゆっくりと揃えていきましょう。一人暮らしを始めるために最低限必要な家具は「カーテン」「電子レンジ」「布団」です。その他の物は後から買い足していくとお得に家具家電を揃えられますよ。洗濯機や冷蔵庫、テレビなどは時期によって値段が大幅に変動します。さらに一人暮らしを始めると、生活スタイルは変わっていきます。日中は部屋に居なかったり、休日も外へ遊びに行くことが多くなって、テレビは必要ないと感じることもあるかもしれません。生活の変化を見越して最低限必要な物をチョイスして引っ越し荷物としましょう。

最低限必要な物その1「カーテン」

カーテンは日光を遮ってくれるだけでなく外からの視線もシャットアウトします。夜になれば電気をつけるため、中の様子を外から覗かれないためにもカーテンは最低限必要な家具と言えるでしょう。引っ越し作業や荷ほどきは夜までかかることがほとんどです。引っ越し先に着いたらまず一番にカーテンを取り付けられるように荷造りをしましょう。カーテンは防犯対策にもひと役買ってくれる家具であり、プライバシー保護と安全を守ってくれる優れものです。最低限必要な物だけでも快適な生活を過ごすために、見落とさないように注意しましょう。

最低限必要な物その2「電子レンジ」

電子レンジは冷蔵庫よりも優先度の高い家電です。コンビニやスーパーに行けばどんな物でも買える現代ですが、時間を置いて冷たくなった物を温めるだけでは店の電子レンジは使用できません。買った食べ物をすぐに食べきれるとは限らないことや、一々の食事を外に買いに出ていてはお金もすぐに無くなってしまう懸念があるため、電子レンジはあった方が良いと言えるでしょう。電子レンジがあれば調理のみでなくお湯を沸かしたりなども出来るため活用法は様々です。食は生活の充実度に直結するので見逃せないポイントです。

最低限必要な物その3「布団」

布団やベッドなどの寝具一式は必ず必要です。一般的な一人暮らしのマンションやアパートの部屋のフローリングの床は冷たく硬いため、布団を用意しておきましょう。後からベッドを買う予定があっても、来客用の布団として使えるため無駄にはなりません。またすのこを買えばその布団を普段使いのベッドとして使用することも可能です。ラグやソファを選ぶよりも先に、ちゃんとした睡眠をとれる布団を用意しましょう。

出張や単身赴任で決まった期間滞在する時は、家具の家電のレンタルを行う事で生活に必要な道具が揃い、必要がなくなったら返却して片付ける事ができて便利です。