どう選ぶ?そもそも購入する?婚約指輪選び

買う?買わない?婚約指輪

毎日身に着けることになる結婚指輪は、購入する人が多数でしょう。でも婚約指輪となると購入するかどうかを考える人もいるのではないでしょうか。せっかくだから購入したいという気持ちがあっても、結婚指輪より高価なのであまり使う機会がなければ購入がもったいないと迷う気持ちも生まれるでしょう。買うのが正解か、買わないのが正解か、答えは人によるとしか言えませんが、それぞれのメリットデメリットはあります。まず婚約指輪はこの機会を逃したらまず買うことはないと言えます。結婚後はなくても困らないものですが、婚約期間を十分に楽しみたいという人には購入するメリットは十分あると言えます。

買うならどう選べばいいの?

購入すると決めたら、まず予算をはっきりさせましょう。希望の価格帯と、ぜったいこれ以上は無理という金額を設定します。そして結婚後も機会があれば使い倒したいと考えているのなら、結婚指輪とセットになっている婚約指輪を選びましょう。セットがお得な値段設定の指輪もありますし、なによりデザインがお互いに一番似合うようになっているので重ねづけが一番映えるからです。結婚後は日常的には結婚指輪をつけて、友人の結婚式出席などで手元を華やかにするために婚約指輪をつけます。この時に婚約指輪は単独ではつけず、重ねづけにするはずです。ですから重ねづけをメインに考えて、そのうえで単独でつけても気に入ったデザインを選びます。このような段取りで決めていけば、きっと満足のいく婚約指輪選びができるでしょう。

婚約指輪はダイヤモンドなどのついた高価な指輪の場合が多いです。結婚の約束の証であるとともに、ふたりの財産としての意味合いもあるのです。